商品 イベント サービス ツール ボランティア 
  1. 無料アクセス解析

この広い世界にボクは・・・

口コミ、ニュース、イベント、キャンペーンなどの最新情報をレビュー
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
WebMoney ぷちカンパ
∧top | under∨
No  1748

確かにこれならいける! 次世代セキュリティ対策!シマンテック エンドポイントセキュリティ

なんか・・・感心した。。。
あっ、でも、あまり感心してもいけないのかぁ~

って、何の話かといいますと
最近のウィルス事情の話

ウィルスと呼ばれているマルウェア
以前は、自己増殖型で大量に広範囲に広がる傾向があったそうですが
そうなると、ウィルス駆除をするソフトウェアの網に引っかかるため
最近では、小規模に地域を絞って駆除の網に引っかからないような
そんなカタチ、戦略になってきているそうだ

さらに、その目的とするところも
単なるいたずらではなく、パスワードやカード番号を盗むなど
直接的で金銭的な被害につながるというから恐ろしい。。。

記憶に新しいところでは、ソニーのパス流出
最近は、Yahooも・・・とか聞くから他人事ではない

そして、その恐~いウィルスソフト
検出されると、少しづつカタチを変えて
違うソフトのようにどんどんばら撒かれるらしいので
この辺はウィルス駆除ソフトのベンダーとウィルスソフトの作成者との
果てしない戦いが日々続いているというのにも驚きです。

その顕著な例が、
2000年 1日5個発生していたウィルスソフトの数は
2009年では1日8000個にまで!
これでは、守る方も大変です。

そこで考えられたのが「インサイト」という技術
今までの、検知・駆除をするだけのセキュリティーではなく
ダウンロードの際に、
「このソフトは、まだ世界で1人しかインストールしていません」とか
「リリースされてから2日しかたっていません」などの注意を促すメッセージを表示してくれる

あんまり、ダウンロードとか気にしていない私でも
さすがに「世界で1人」では・・・・「やめておこうかな。。。」って気になる
つまり、このような小規模のウィルスも目立たせることで
その異常性に気がつかせてくれる
こういったことで、未知なる脅威から私たちのPCを守ってくれるのですね。

また、これら情報はWeb上のデータベースで管理され
その蓄積されたデータは脅威となるソフトウェアだけでなく
信頼性のあるソフトウェアの情報も蓄積されていくので
データベースを検索することで、スキャンすべきか、そうでないかもすぐにわかる
つまり、無駄なスキャンやパターンファイルなどの更新もなくて
PC負荷も軽減されるということですね。

従来どおりの大規模繁殖型はスキャンで
小規模、未知なるウィルスはこの「インサイト」で守られるというわけです。

この画期的なシステム「インサイト」を考え出したのは「シマンテック」
そして、この「インサイト」は今年後半に発売される
Symantec Endpoint Protection12に実装されるというので
ちょっとこれは注目!

ということで・・・
ウィルス対策をお考えの方は、ぜひ一度
シマンテックのWebサイトをチェックしてみてはいかがでしょう


別窓 | 新着!商品・お店紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
WebMoney ぷちカンパ
∧top | under∨
<<X線までOKだったとは・・・大容量!高信頼性のサンディスクのマイクロSDカード | この広い世界にボクは・・・ | リラクゼーション関連オススメ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| この広い世界にボクは・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。